無料無料レポート無料
ぴかぴか(新しい)【お金持ちの戦略論!】誰もが経済的自由を手に入れる方法!ぴかぴか(新しい)

SEOの核を攻略!
SEOで大量のアクセスを集めて、安定収入を得る方法

モノの価値とは

シンドラー社のエレベーターの動作不良で一人の少年が亡くなりました。

シンドラー社のエレベーターのほとんどが、公共機関で利用されていました。

なぜ公共機関がシンドラー社のエレベーターを利用したのかと言うと、

値段が安かったという理由だそうです。

値段が安くてもいいモノというのはたくさんありますが、相場とあまりにもかけ離れた値段のものは注意が必要だと思います。

なぜなら、「値段が安い=原価が安い」ということだからです。

原価が安いということは、使っている材料の質や作っている人間の技術レベルに問題がある可能性があります。

原価が安いということは、値段の高いモノと比べて質の低下は避けられません。

つまり、値段が安いという理由だけで、モノを選ぶのは危険であるといえます。

値段が高いモノであれば、制作に時間をかけられる、材料の質を上げられる、有能な人間を使えるというメリットがあるため、値段が高いモノの方がいいモノである可能性が高いです。

何かモノを購入する場合には、値段が安いという理由だけで購入するのではなく、安全性など様々な観点からモノを見極める必要があるのではないでしょうか。

★応援クリックお願いします★
有名ブログランキング
【金融・経済ブログ・ランキング】
役に立ったらプッシュ×2♪
banner_04.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19170159

あの自信はどこから?Schindler's Lift
Excerpt: ヨーロッパなのだから、同じような名前があっても仕方がないのですが、Schindler社のコメントでヘスという名前が出てくると、いかんともしがたいナチス時代の名前を想像してしまうのはボクだけだろうか。 ..
Weblog: くまさんの自立
Tracked: 2006-06-17 11:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。